卒業生紹介

新宿調理師専門学校でどんなことを学んでいるのか、
卒業生の声を通してご紹介します。
食材を提供してくれる「人や自然への感謝」を忘れずにフランス料理を極めていきたい

調理師本科 夜間部/2018年卒

フランス料理店「奥沢サクレクール」

黒木さん

この仕事の魅力・やりがい
フランス料理店「奥沢サクレクール」で調理師としての第一歩を踏み出してから2年が経ち、現在は前菜の仕込みやメインディッシュの付け合わせ、デザートなどを担当しています。日頃、注意しているのは“仕事の段取り”です。例えば、焼き上げた肉を一番美味しい状態でお出しするにはカットや盛り付けをスピーディーにこなす必要があり、それは他の手順にも当てはまることなので、どんな時でも迷いなくスムーズに動けるように準備しておくことがとても大切です。そういう小さな努力を重ねた結果として、「これキレイ」「美味しい」というお客様の声をじかに聞くことができた時は、「ああ、良かった。次も頑張るぞ」と気持ちも奮い立ちます。
この分野・仕事を選んだきっかけ
自分の手で何かを作り出すことが好きで、小学校5・6年生の頃には料理本を見ながら野菜炒めやハンバーグを作るようになっていました。それを食べた家族が「美味しい」と言ってくれることが嬉しくて、どんどん料理が好きになり、小学校の卒業文集には「将来は料理人になりたい」と書いていました。高校卒業後はレストランで働きながら調理師を目指そうと考えていましたが、たまたま参加した本校の体験授業で聞いた「調理師は、野菜や食肉を生産している人、そして大地・太陽・水への感謝を忘れてはいけません」という校長先生の言葉に感動し、そういう観点も含めて「食」を教えてくれる学校なら多くのことが得られると思い入学を決意しました。
学校でまなんだこと・学生時代
本校には、夜間開講の授業を受けながら、昼間は調理実習などの補佐役として先生のお手伝いをする「学僕制度」があり、私も学僕の一人として入学しました。同級生たちより多く調理実習を体験できることから、より広く、より深く理解できたのではないかと感じています。また、お米や野菜作りに挑戦する“農体験講座”や、学校周辺で行う“早朝清掃”など、それまでの自分からは想像もできなかった体験を通して社会人として大切にしなければいけないことを教えていただきました。厳しさと優しさを併せ持ち、生徒一人ひとりを大切に思ってくださる先生がたからは、人と人との関わり方や社会人としての心構えも教えていただきました。