取得可能資格

知識の幅を広げ、自分を高めるためのスキルを持つ

取得可能な主な資格一覧

調理師免許(卒業と同時に国家試験免除で調理師免許が取得できます)

調理師は、食品や栄養、衛生、適切な調理法などに関する知識をもっていることを証明する国家資格です。
どの科も卒業と同時に、国家試験免除で調理師免許が取得できます。

 

 

専門士

文部科学大臣が認定した専門学校・学科の卒業者に、生涯学習の成果を評価するため付与されます。

※調理師専修科 昼間部(2年制)を卒業することで取得可能

 

 

食品技術管理専門士

調理だけでなく、食品全般の分野を扱う専門家として登録証が交付されます。

※調理師専修科 昼間部(2年制)を卒業することで取得可能

 

 

上級救命技能認定資格

一般の人々が心肺蘇生やAED、異物除去、止血法、傷病者管理、外傷の応急手当、搬送法などの一次救命処置を学ぶ講習を経て取得します。職域を広げたり、防災の立場から役立つスキルといえます。

※調理師専修科 昼間部(2年制)を卒業することで取得可能

 

 

調理師専門学校助手資格

調理師専門学校などの養成施設において、助手として調理実習の指導にあたることができます。

※調理師専修科 昼間部(2年制)を卒業することで取得可能

 

 

フードアナリスト

あらゆる角度から食に関する知識を体系的に学び、消費者目線でレストランや食材、食品にアプローチする「知識」「教養」「マナー」を持った「食の専門家」の資格です。
在学中の取得を目指します。

 

 

食育インストラクター

“食育”を基礎から学び、日々の生活に活かし、広く推進・社会で活躍できる食育指導のできる質の高い調理師であることを証明する資格です。
在学中の取得を目指します。