blog

授業の様子

奥深いパンとチーズの世界を学ぶ

 

皆さまこんにちは!

入学相談室の粟井です音譜

 

2017年最後のフードアカデミーは・・・・

パンパンとチーズの授業チーズ

ハード系食事パン専門情報サイトpan-ya.com主宰・清水啓介先生に

パンの食文化の奥深さとチーズの美味しさをご教授いただきます乙女のトキメキ

 

 

フランスをはじめとするパン文化圏では、
パンとチーズは紀元前から2000年以上も命の糧として食べられてきているそうです。

日本における“ご飯”と“漬物”のようなものなのだということ照れ

 

 

そんなパンとチーズに魅了された清水先生のめくるめくお話しは、

様々な種類のブレッドナイフやチーズフォンデュの食べ方まで・・・・

大変興味深いお話ばかりでしたキラキラ

 

 

スイスの伝統的なチーズ・フォンデュの作り方を教えていただきます。

 

 

「コンテ (Comté)」というチーズを細かく刻み、

油と分離させるためにコンスターチをまぶします。

フォンデュ鍋ににんにくの香りをつけ、

白ワイン・・・そしてチーズを投入!

そこからコトコトコトコト・・・

 

ご覧ください!

とろ~~~~~~っとしたチーズの琴線を見てください!

 

 

そして、それをすぐさま・・・・パクッ!!

 

 

美味しいものを美味しい内に!ということですぐ食べる!

お茶目な清水先生です音符

 

食べるときのマナーとしては、

パンは皮目の方から串に刺して食べるとのこと!

スイスではパンを落としてしまったら、隣の人にキスをしなくてはならないなんていうルール!?もあるそうですよ~ラブラブ

 

 

デモ終了後には、

先生の特別なパン切りナイフ(なんでも世界で7本しかないとか・・・?!)を

恐る恐る持たせてもらう生徒達でした爆  笑

 

清水先生、

濃厚な授業をありがとうございました!!

 

 

 

 

今年もあとわずかとなりました。

いつも新調ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございますキラキラ

2018年も皆さまに楽しんでいただける記事作りを目指していきますので、

引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 
 
虹新宿調理師専門学校の最新情報はこちらから虹
LINE ★ facebook ★ Twitter ★ Instagram