学費・奨学金・支援制度

新宿調理師専門学校の募集要項や入試方法についてご紹介。
自分にぴったりの学科や入試を見つけましょう!

学費

昼間部
本科・専修科1年次
費用・納入費用 合格時納入金 後期(9月上旬) 合計(円)
学費
入学金 150,000円 0円 150,000円
施設費 60,000円 60,000円 120,000円
授業料 345,000円 345,000円 690,000円
実験実習費 180,000円 180,000円 360,000円
学費の合計 735,000円 585,000円 1,320,000円
諸費用 ・教科書・実習衣 他
・卒業諸経費、生徒会費、クラス会費、同窓会費
88,000円
1年次 総額 / 1,408,000円

※納入時期は入学後のオリエンテーション時に通知いたします。(約2週間以内)
 

本科・専修科2年次
費用・納入費用 1年次の3月上旬 後期(9月上旬) 合計(円)
学費
施設費 60,000円 60,000円 120,000円
授業料 345,000円 345,000円 690,000円
実験実習費 180,000円 180,000円 360,000円
学費の合計 585,000円 585,000円 1,170,000円
諸費用 ・特殊授業教材 他
・生徒会費、クラス会費
48,000円
2年次 総額 / 1,218,000円

夜間部
本科
1年次 2年次 合計
学費
費用・納入方法 合格時納入金 2学期(9月上旬) 3学期(3月上旬) 4学期(9月上旬)
入学金 100,000円 0円 0円 0円 100,000円
施設費 50,000円 0円 50,000円 0円 100,000円
授業料 80,000円 80,000円 80,000円 80,000円 320,000円
実験実習費 90,000円 90,000円 90,000円 90,000円 360,000円
学費の合計 320,000円 170,000円 220,000円 170,000円 880,000円
諸費用 ・教科書、実習衣 他
・卒業諸経費、生徒会費、クラス会費、同窓会費
88,000円
総額 / 968,000円

※納入時期は入学後のオリエンテーション時に通知いたします。(約2週間以内)

合格時納入金の分割支払いについて
合格決定時に納入する費用を2回に分ける分納制度があります。

合格通知に記載されている連絡事項をお読みください。事前のお申込みは必要ありません。2月11日以降の分納・延納は認めておりません。
2回目の納入が完了しますと「入学許可書」が発行され、入学式のご案内を送付いたします。

注意事項(全学科共通)
  • 学費は合格通知受け取り後、約2週間以内に納入してください。原則、指定した期限内に納入してください。納入しない場合は、 入学許可者として認めません。
  • 3月31日までに入学辞退の意志表示をした場合は、入学金を除き授業料は返還いたします。

    〈学費をお振込される方へ〉

    金融機関において現金でお振込の場合には、振込みに行かれる方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必要となります。ご注意ください。

奨学金制度について

貸与型奨学金

入学後に説明会を実施します。(入学前の貸与はありません)

●日本学生支援機構奨学金(専修科、本科 昼間部、本科夜間部)

高等学校3年生および高等学校卒業2年以内(大学・短大・専修学校に入学したことのない場合)であれば高校での予約採用が可能です。

第一種奨学金 [無利息型]

貸与基準を満たし、経済的に修学困難な方に貸与されます。

貸与金額 自宅通学者(月額)/
53,000円(最高月学)・40,000円・30,000円・20,000円から選択
自宅外通学者(月額)/
60,000円(最高月学)・50,000円・40,000円・30,000円・20,000円から選択
貸与期間 奨学生としての採用月から卒業(3月)まで
利息 無利息
返済期間 卒業後6ヶ月措置 9年〜月額払い(貸与額と貸与期間による)
※最高月学の貸与は家計支持者の収入基準があります。

第二種奨学金 [利息型]

利息付き奨学金で第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された方に貸与されます。

貸与金額 月額20,000円~120,000円のうち10,000円単位で選択
貸与期間 奨学生としての採用月から卒業(3月)まで
利息 年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
返済期間 卒業後6ヶ月措置 9〜16年月額払い(貸与額と貸与期間による)
※最高月学の貸与は家計支持者の収入基準があります。

入学時増額貸与奨学金

入学時に必要となる一時的な経費に対応するため、入学月又は機構が定める月の貸与月額に定額10、20、30、40、50万円の増額貸与を選択できる。
 
申込条件

  • ①申請時における家計基準内
  • ②国の教育ローン利用不可の証明書類添付必要 詳細はホームページをご確認ください。
※入学時増額貸与奨学金のみのお申込みはできません。

給付型奨学金

成績優秀者で自宅外より通学し、住民税非課税世帯または生活保護受給世帯および児童養護施設入所者または退所者
 

月額/40,000円
※記載内容は、平成29年3月現在のものです。奨学金の利用を予定している年度の開始前に日本学生支援機構のHPまたは学校の窓口に改めて確認してください。
●東京都育英資金貸付制度(専修科、本科・昼間部)

東京都が修学に必要な資金を貸付るものです。[入学後に申込み]
東京都在住(保護者とも)で勉学意欲があり経済的な理由により修学が困難な方(申込条件あり)。他の奨学金との併用は不可。

貸与金額 貸付月額/53,000円 自宅通学、自宅外通学の区分はありません
貸与期間 奨学生として採用された月(4月)から卒業(3月)まで
利息 無利息(ただし、期限までに返還されなかったときは、違約金が加算されることがあります)
返済期間 卒業後6ヶ月措置 13年以内の年払いまたは半年毎に返済します。

支援制度

教育ローンについて
国の教育ローン(日本政策金融公庫)

● 内  容:入学金、授業料などの学校納付金、寮、アパートの敷金など
● 融 資 額:350万円以内
● 返済期間:15年以内
● 返済方法:毎月均等返済またはボーナス月増額返済など

セディナ学費クレジット(三井住友ファイナンシャルグループ)

● 内  容:入学金、授業料などの学校納付金
● 融 資 額:5〜300万円(但し、学校へ納付する費用を上限とします)
● 返済期間:10年以内
● 返済方法:元利均等分割払い、据置型分割払いのいずれか

専門実践教育訓練給付金について
指定講座:調理師本科 昼間部1年

働く方のキャリア形成や雇用の安定、再就職の促進を図る制度で、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し終了した場合、本人が支払った訓練経費に応じて50%(年上限40万円)がハローワークから支給されます。※平成30年1月から適用です。

  • ※支給を受けるには一定の条件が必要です。「教育訓練給付金支給要件照会票」を本人確認書類と共にハローワークに提出し、ご自身が本制度に該当しているか確認してください。
  • ※支給対象者はハローワークで行われる「訓練前キャリアコンサルティング」を受け、交付されるジョブカードと必要書類を提出する受講前の手続きを入学1カ月前まで行う必要があります。

詳しくはハローワークへお問い合わせください。

【夜間部対象】夜間部優遇制度について

大学・短期大学を卒業されている方、現在大学在学中の方に対して、働きながら夜間部にて調理師免許取得を目指す方や、大学と両立しながら学びたい方を応援する取り組みです。本校の授業料を一部免除する制度です。

大学卒業 短期大学卒業/在学3・4年目(大学中退3・4年目)

初年度授業料50%免除

80,000円免除

(卒業までの学費総額 800,000円)

初年度授業料30%免除

50,000円免除

(卒業までの学費総額 830,000円)

対象者

大学・短期大学卒業生/大学3年生または4年生の方(大学3年次中退の方は短期大学卒業と同等と認めます)

対象学科:調理師本科夜間部4月入学希望者
必要書類:卒業生/卒業証明書(または卒業証書コピー)
     在学生/学生証
     大学を中退された方:在籍期間証明書

家族優遇制度について

ご家族どなたかが卒業生である場合は、入学年度後期学費より
10万円 免除(全学科対象)
大学・短期大学卒業生/大学3年生または4年生の方(大学3年次中退の方は短期大学卒業と同等と認めます)

「学僕」制度について

●授業料の大幅減額 ●寮完備 ●生活費支給 ●定期代支給 ●学習用品代全額免除
生活内容 (日祝日、夏休み、冬休み、春休み有り)
・ 実践授業:9:00〜17:00(月〜土)
・ 授業受講:18:20〜(月〜金)
※詳細はお問い合わせください。